プラセンタ サイト集への掲載

このプラセンタ サイト集にリンクしていただいたページランク 0 以上、発リンク数 200 以内のサイトは新規登録フォームで登録すると即時に掲載されます。

ページランクと発リンク数チェックツール

 

登録サイトのデータ更新と検索

 

新着サイト

サ イ ト 名P Rリンク
1 

トップページ紹介サイト

サ イ ト 名P Rリンク

プラセンタとは

プラセンタとは日本語では『胎盤』

プラセンタとは英語やフランス語で直訳すると哺乳類(ヒト、牛、豚、羊、馬等)などの『胎盤(たいばん)』を意味します。 しかしサプリメントや美容業界で「プラセンタ」と示す場合は、胎盤から細胞分裂を促進する成長因子(グロースファクタ)や他の栄養素を抽出し製品化されたものことを言い表します。 プラセンタの成分を抽出して製品化した物をプラセンタと呼ぶ場合や、瓶やボトルに入れてプラセンタとしての製品もある。 楊貴妃やクレオパトラ、マリーアントワネットまでもが美容のためにプラセンタを飲んでいたといわれるくらい細胞の呼吸を活発にして新陳代謝を高めます。
また、皮膚の血行を改善し老廃物の除去がスムーズになります。真皮組織の機能が高まり、肌に張りやつやを与えます。
プラセンタの使い方は、塗る。飲む。注射。と、様々な使い方があります。
プラセンタをお肌に塗る方法ですが、プラセンタは分子が大きいために、お肌にそのまま塗ってもなかなか肌の奥までは浸透しません。プラセンタは保湿力が高いため、保湿のためにプラセンタを塗るのは正解ですが、プラセンタの持っている美白作用や抗酸化作用や炎症を抑える作用など車買取を期待するのであれば、ただ塗るのではなく、イオン導入で肌の奥まで届ける必要があります。
飲む方法。プラセンタには強い抗酸化作用がありますので、プラセンタを長期的に飲むことで、体を酸化(サビ)からある程度守ることができます。
一番効果が高いのがプラセンタを注射する方法です。プラセンタを注射する場合は、一回の注射で翌日には効果があります。
プラセンタを打った翌朝の目覚めがは非常に良く、効果持続時間も2~3日と言われています。
常用してプラセンタを打ち続けると、アトピーが治ったりする効果もあります。
お肌に塗って使用した場合も即効性のがあり、翌朝の肌の張りが違うという事もあります。

今注目のプラセンタとは

プラセンタとは日本語では『胎盤』の意味でここ最近よく耳にする言葉ですね。
最近はプラセンタを使用した化粧品や健康食品が多く販売されており、その効果は絶大と言われています。
化粧品や健康食品に使われるプラセンタとは、胎盤そのものではなく、
その中の成分である成長因子や様々な栄養素の事を指しています。
プラセンタは1個の受精卵から無数の細胞分裂を繰り返し赤ちゃんになるまでの成長を促す、
大切な役割を持っています。
故に、プラセンタに含まれる栄養成分は様々な効果をもたらすので、
哺乳類の成長にとってとても重要な成分なのです。
プラセンタとは哺乳類特有の臓器で、病院で治療のために使用したり、
美容でパックや化粧品に使用したり、健康食品としてサプリメント等にも使われます。
病院での治療用として使われるプラセンタはヒト由来の物を使います。
人間の治療に使うものなので、人間の胎盤から抽出したものが一番アレルギー反応が出にくいからです。
一方、化粧品や健康食品、サプリメントなどに使われるプラセンタは、
ヒト以外のプラセンタの成分を使われることが多いのです。
ヒト以外のプラセンタはヒトのプラセンタに比べ入手しやすいからです。
以前は牛のプラセンタが使用されていましたが、狂牛病等の影響で現在は豚や馬のプラセンタが使用されるようになりました。
プラセンタ成分の原型である胎盤は、母体と胎児をおなかの中で繋ぎ、胎児の命を育む源です。
その役割は母体からの酸素や栄養素を胎児に送り、胎児の排泄物を母体に送る。
また、ホルモンの生成や分泌、毒素や細菌から胎児を守る免疫機能の役割もあります。

プラセンタエキスには

プラセンタエキスには、アミノ酸、ミネラル、ビタミン、たんぱく質、糖類、
拡散関連物質、酵素、活性ペプチド、成長因子となるグロスファクター等が含まれています。
この事からも、プラセンタとは幅広い分野で
様々な効果を生み出す事の出来る万能のエキスと言えます。
今注目のプラセンタは、色々な商品として出回っています。
美容パック、健康サプリ、疲労回復・滋養強壮の為の注射、
ドリンクなど本当に数多く、消費者も迷うほどです。
一様にプラセンタとは言っても、
その効果には個人差もあると思いますが、
これから益々注目度を上げることは間違いないでしょう。
私たち人間にとってプラセンタとは、
必要不可欠な成分を豊富に含んだ、
いわばオールマイティな物質であると言えるのではないでしょうか。

プラセンタ 不妊

プラセンタの不妊治療への効果

プラセンタ 不妊
プラセンタは不妊の治療にも効果があるといわれています。
その理由として、プラセンタには血行を促進する働きや、
基礎代謝を上げる働きがあるからです。
不妊には体の冷えが深く関係しているとも言われています。
低体温になると子宮の卵巣機能が低下するため妊娠しずらくなるのです。
それがプラセンタによって血行が良くなり、体温を温めて基礎代謝を上げれば、
妊娠しやすい体になるという事です。
ですので、プラセンタの摂取が直接の不妊治療となるのではなく、
プラセンタを取り入れて、妊娠しやすい体づくりをしていくという事です。
不妊治療とプラセンタ摂取を併用すれば、
より効果的な治療が出来るというわけですね。
プラセンタの不妊への効果として他にも、ストレスの軽減があります。
ストレスは自律神経や生殖ホルモンにダイレクトに影響してきます。
ストレスを多く感じたり、溜めたりするのは、妊娠を望む女性にとって
決して良い事ではありません。
プラセンタは自律神経にも働きかける効果があるため、
気持ちが不安定になりがちな治療中も、
落ち着いて治療に望む事が出来ます。
不妊治療に於いては未だ、解明されていない部分がたくさんあります。
その分野に於いて、プラセンタが高い効果を発揮するという事は、
とても画期的な事です。
プラセンタは不妊治療では体質改善という位置づけになりますが、
不妊治療での体質改善は非常に重要な役割を果たします。
現在、日本ではプラセンタを不妊治療に用いた場合、
保険適応が認められていませんので医療費は全額自費となっています。
直接的な不妊治療に比べれば、比較的低価格のサプリメントやドリンクでも
効果は得られるため、妊娠を希望される方は是非、プラセンタ摂取と合わせて
不妊治療を始められる事をお勧めします。
また、プラセンタを不妊治療に用いるのは女性だけとは限りません。
現代社会に於いては不妊の原因が男性にある場合も多く、
そういったケースにもプラセンタは効果を発揮します。
男性の場合、精力増強、疲労回復、ホルモンバランスの調整など、
女性同様、直接的な治療ではありませんが、男性の不妊治療にも
大きく力を貸してくれるというわけです。
不妊治療はどちらか1人が頑張るのではなく、パートナーとともに
支え合い絆を深めながら進めていくものです。
プラセンタは不妊治療に励む方たちの強い味方です。
まずは是非、プラセンタで赤ちゃんを出来やすくする体作りから
始めてみてはいかがでしょうか。

プラセンタの効果

気になるプラセンタの効果

プラセンタの効果
プラセンタの効果に関しては、美容に関心のある女性の間で
絶大な信頼を集めているようです。
その、プラセンタの効果は美容効果だけではなく、
あらゆる部分で効き目を発揮しています。
美容的効果はもちろんのこと、自律神経に作用して
精神バランスを整え安定させる効果。
肝臓や肝機能障害の治療にも使われるので、
二日酔いにも効果があると言われています。
その他にも、代謝機能の低下が原因で起こる頭痛、肩こり、
吹き出物、冷え等にも一定の効果がみられると言われています。
また、ホルモンバランスも整えるので、男性の薄毛や抜け毛にも
効果があるとされています。
医療目的にも一部治療用に使われる事もあります。
更年期障害、乳汁分泌不全、肝炎、肝硬変、肝機能障害などが
対象となります。
きちんとした医師の診断を受け、必要と判断された場合に
保険適応のプラセンタ治療を受ける事が可能です。
プラセンタの効果と一言で言っても、その中身は本当に様々で、
ここに書き出すには多すぎるくらい多岐にわたります。
ここで取り上げるプラセンタの効果はほんの一部です。
プラセンタの効果の出方は、摂取方法、摂取期間、体質、
年齢などによっても個人差がありますので、確実な効果として
特筆する事は控えたいと思いますが、
これだけ注目され、話題となるという事は、個人差があっても
プラセンタの効果はかなり高いものであると考えてよいでしょう。
プラセンタは、点滴、注射、サプリメント、ドリンク、
パック、化粧品など目的や症状によっていろいろな摂取方法があります。
お肌の気になる部分に直接使う化粧品類は、
いつものスキンケアと同じ感覚で摂取出来ます。
でも皮膚の外からつけるだけなので、体の内部までは浸透しにくいのです。
体の内部までしっかり浸透させるためには、サプリメントやドリンクがおススメです。
ドリンクは持ち運びが不便ですが、サプリよりは即効性があります。
もっともプラセンタの効果が期待できる摂取方法は
プラセンタの注射です。すぐに体内に入り込みますので即効性が高く
効き目も抜群です。疲れが酷い時、すぐに効果が欲しい時などは
注射で摂取するとよいでしょう。
同じように、点滴で摂取する方法もありますが、これは時間がかかります。
プラセンタの摂取方法は、どれか1つの方法ではなく、
注射とサプリメント、化粧品とドリンク、など併用して摂取すれば
より高い効果が得られます。
上手にプラセンタを活用し、ぜひプラセンタの素晴らしい効果を
実感してもらいたいと思います。

プラセンタの原料

プラセンタの原料の正しい知識

プラセンタの原料
プラセンタの原料が何か、今ではご存知の方も多いと思います。
美に関心の高い女性や薄毛や抜け毛に悩む男性、
また肝機能障害や、更年期障害の治療薬として使われるプラセンタ。
このプラセンタの原料は哺乳類動物の胎盤です。
胎盤は妊娠期間中、母体と胎児を繋ぎ、そこから胎児に必要な
栄養、酸素を送り、1個の受精卵から赤ちゃんにまで短期間で成長させる、
驚異的な栄養的要素を持っているものです。
生命の誕生に繋がるそのほとんどの栄養素をたっぷり含んだ
胎盤が、プラセンタの原料となっているのです。
プラセンタ製品は、その種類によって原料となる動物の種類が異なります。
化粧品などに使われるのは、主に豚のもの。
内服剤やサプリメントに使われるのは、主に豚、馬。
注射に使われるのは、ヒトの胎盤です。
ヒトのものには重い感染症などに感染していない
健康な母体からとれたものを加熱処理して製品にしています。
海外では羊のプラセンタエキスを使った製品も見かけますが
羊は牛と同様、狂牛病に似た病気にかかる可能性があるので
現在日本では羊のものは原料として使われていません。
日本では、狂牛病の可能性のある牛だけでなく、
同じ偶蹄類の羊、山羊、鹿も
原料として使用してはいけない事になっています。
海外では羊のプラセンタが当たり前のように使われているので、
問題が無いと思われがちです。
インターネットなどで簡単に購入する事も出来ますが、
正しい知識を持って、正しくプラセンタを利用するようにしましょう。
プラセンタの原料の品質を見極めるうえで、目安となる表記は以下のものです。
【デンマーク産の豚】
厳しい国の安全基準をクリアした豚だけに与えられる称号。
【SPF豚】
日本SPF豚協会が定めた基準に基づいて育てられた、安心・安全の国産豚。
【ISO】
国際的な品質保証。
【サラブレッド】
徹底的に品質改良されたものという意味の馬の胎盤、
通常の豚よりアミノ酸含有量が豊富。
【医用動物】
飼育環境、餌、健康状態が細かく管理され、食用と異なり抗生物質や化学物質、
薬剤などを与えられていないもの。
プラセンタ製品を選ぶ際、上記の表記があるものは、
高品質なプラセンタの原料である事の目安になりますので、
是非、覚えておくと良いでしょう。
また、プラセンタの原料は原産国や、濃度によっても
様々な違いがありますので、出来るだけ高品質で、
サプリメントや内服剤はニオイなどの気にならないものを選ぶと
無理なくプラセンタ摂取が続けられるのではないでしょうか。

プラセンタの安全性

気になるプラセンタの安全性

プラセンタの安全性
「プラセンタって安全なの?」こんな疑問をお持ちの方も
多いのではないかと思います。
今や女性の間では大ブームとなっているプラセンタ。
美に関心の高い人は定期的にプラセンタ注射を打ちにいったり、
プラセンタ成分配合のサプリメントやドリンクを飲むなど、
愛用者は増加の一途をたどっています。
そこで、プラセンタの安全性について、
はたしてプラセンタは本当に安全なのか、調べてみる事にしました。
プラセンタはヒトか動物由来の成分で主成分はアミノ酸です。
アミノ酸は人間の体を構成大切な成分です。
なので、それ自体が害を与える事はありません。
しかし、プラセンタ注射などを摂取した際に
ごく稀にアレルギー反応を起こす方もいます。
でも、この場合プラセンタの成分であるアミノ酸に対しての
アレルギー反応なのか、注射針に対してなのか、
はたまた別の物質に対してなのか、まだはっきりとは分かっていません。
また、プラセンタの安全性で狂牛病との関連を気にする方もいるでしょう。
ヒトやその他哺乳類の胎盤を原料としているので、
病原性プリオン等に対する安全性も気になるところだと思います。
プリオンとは、ウイルスや細菌と異なる感染性のあるたんぱく質で
牛のBSE、狂牛病や、ヒトのヤコブ病といった哺乳類の疾患に
深く関与する因子と考えられています。
日本で使われるプラセンタ注射の薬剤は2種類で、
どちらも日本の病院で日本人の健康な母体からの胎盤を使用しており、
ドナーとなるお母さんにはきちんと同意書を貰い、
事前にHIV、B・C型肝炎などのウイルスに感染していないか
血液検査をし、狂牛病のリスクに対しても渡航歴を調べるなど、
プラセンタの安全性には万全を期しています。
ウイルス検査で問題の無かったものだけが、
そのあと複数回の加熱処理を経て製品になりますので、
心配されているウイルスやプリオンその他感染症が、プラセンタ注射によって
起こる可能性は今のところ限りなくゼロに近いと言えます。
プラセンタは臨床的に使われて長い年月が経っています。
その間、プラセンタの安全性を脅かすような重篤な副作用や、
感染症は報告されていません。
しかし、熱にものすごく強い未知の病原体がいるとすれば、
感染の可能性はゼロではありません。
生物由来成分という特性上、感染について100%の安全は保障されません。
プラセンタのプラス面もマイナス面もよく考え、自分がしっかり納得した上で
プラセンタを摂取される事をお勧めします。
また、プラセンタの注射などを受けるときは、
信頼できるクリニックで、医師の説明を十分に受けたうえで
実行するようにしましょう。
それが、プラセンタの安全性確保に繋がるのです。

プラセンタの歴史

“プラセンタ”は『胎盤』を意味する英語ですが、現在では一般的には胎盤から有効成分を抽出したプラセンタ・エキスを指します。
古代ローマ時代に食べられていた丸い形の菓子の名前にプラセンタというのがあり、その菓子の形が胎盤がそれに似ていたことに由来するとも言われています。
古来より、プラセンタは美容や健康に良いということが経験的に知られていました。紀元前、古代ギリシャで「医学の父」 と呼ばれたヒポクラテスが早くもプラセンタの効果に着目し、治療に取り入れていました。また、クレオパトラやマリー・アントワネットが既にプラセンタを若返りと美容の目的で使っていたと言われており、昔から経験的にプラセンタにそのような効果があることがわかっていました。ちなみに現代でも、オードリー・ヘップバーンやエリザベス・テーラー、マリリン・モンローが、美容と若返りの目的でプラセンタを使っていたと言われています。
さらにプラセンタは、戦時中の兵士の負傷を治すのにも有効とされていました。つまり、古くからプラセンタの治療薬としてのパワーが知られていたというわけです。ある研究結果では、古代においては特殊な方法でプラセンタを保管しておき、大病した時にそれを使用していたのではないかと推測されています。
西洋だけではなく、中国では約4000年前にプラセンタを乾燥させた『紫河車』が産後回復や滋養強壮等に使用され、秦の時代では皇帝が不老長寿目的で珍重していたとの記録もあります。さらに日本では加賀の三大秘薬の一つ『混元丹』にプラセンタが使用されており、その理由も不老長寿に良いということでした。また、ソ連でのプラセンタ研究は活発であり、それに刺激されて日本でも独自のプラセンタ研究ならびに応用が進んでいきました。そして、現代ではプラセンタの素晴らしい働きが次々と解明され、医薬治療分野をはじめ、美容品、健康食品にまで及ぶ広い範囲で商品化され、その幅広い働きが注目されています。

プラセンタ注射

今注目のプラセンタ注射―芸能人やスポーツ選手も絶賛

プラセンタ注射
プラセンタ注射は現在、日本で使われているものとして
ラエンネックとメルスモンの2種類があります。
どちらもヒト由来の胎盤の成分から作られたものですが、
それぞれ製造方法が異なります。
ラエンネックは塩酸加水分解法、メルスモンは分子分画法で作られています。
プラセンタ注射は効果が比較的早めに出ると言われています。
一番即効性があるのは点滴ですが、点滴は時間が長くかかります。
それに比べプラセンタ注射は打つ時間は短時間で、
且つ効果をしっかり出してくれます。
プラセンタ注射によって摂取されたプラセンタの効果を実感できるまでに
1カ月ほどの期間が必要であると考えられています。
それでも、サプリメントやドリンクでの摂取に比べると、
即効性の違いは明らかです。
プラセンタ注射の効果の持続期間は個人差がありますが、
だいたい2~3日と言われています。
なので、プラセンタの効果を持続させるためには、週に1回程度の注射を
続けていくことが望ましいと考えられています。
実際にプラセンタ注射を受けた人は1回の注射で効果を感じたという人もいますが、
2回~3回継続して打った時点で効果が実感出来たという人が殆どのようです。
プラセンタ注射は男性にも女性にも、様々な効果が期待できるため、
数多くの芸能人やスポーツ選手がブログなどでプラセンタ注射を紹介しています。
プラセンタの効果はあくまでも個人差がありますので、『確実に~なります』
という事は言い切れませんが、一般的には疲労回復やアンチエイジングなど、
あらゆる効果が認められています。
みなさんプラセンタ注射の料金の相場がどれくらいなのかご存知でしょうか。
プラセンタ注射の料金の相場は、だいたい1回の注射で
2000円から1万円前後と大きく開きがあります。
それは、プラセンタ治療は基本的に自由診療となるので、
それぞれクリニックが自由に料金設定できるからです。
そこで、料金の違いでプラセンタの効果に違いがあるのかというところですが、
はじめにも書いたとおり、現在日本で使用されているプラセンタ注射剤は
ラエンネックとメルスモンの2種類のみで、
原材料自体に料金の差はほとんどありません。
ただ、プラセンタの使用量によって料金が異なりますので、
あまりに安価な場合は純度が低かったり、量が少ない可能性があります。
相場を踏まえ、きちんと価格を確認するようにしましょう。
プラセンタ注射の料金設定は、筋肉注射か静脈注射によっても
違う場合があります。
ただ単純に料金が高い安いで決めるのではなく、
しっかりとカウンセリングを受け、十分納得した上で、
信頼できるクリニックで接種しましょう。

プラセンタの副作用

プラセンタ 副作用
本来プラセンタの副作用は「少ない」とか「ない」と言われることが多いです。
しかし、本当にプラセンタに副作用はないのでしょうか。
一般的に使用されているサプリメントやドリンクはプラセンタの成分が薄く、
そこに副作用が出る事はほとんどないといわれています。
しかし、『高濃度プラセンタ』と謳った商品に関しては
稀に副作用が出てしまうこともあるようです。
プラセンタの副作用としてみられる症状としては、
肌のかゆみ、かぶれ、頭痛、等ですが、 いずれも短時間で症状は軽減するといわれています。
「副作用」と聞くと、ととても危険なものに聞こえてしまいますが、
実際はプラセンタ自体が動物性のプラセンタなので
動物性プラセンタに含まれる動物性ホルモンに対するアレルギー反応が
主な症状となります。
また医療用プラセンタに関しては、現在厚生労働省より
・肝機能改善を目的としたもの
・更年期障害や生理不順などの婦人科系の治療
この2種類のみ許可が下りており、ヒト由来のプラセンタを使用する為、
副作用やアレルギー反応は出難いといわれています。
また、プラセンタの副作用とは少し違いますが、牛のプラセンタからくる
BSE(狂牛病)の心配も、現在はありません。
その理由は現在、牛のプラセンタは使用禁止ですのでその心配が無いという訳です。
では、化粧品や健康食品には牛のプラセンタの代わりに、
何のプラセンタが使われているのかというと
豚や馬のプラセンタが使用されています。
そして何より、医療用のプラセンタにはヒト由来の
プラセンタを使用しますので、十分な管理の下で作られていますから、
より安全と言えるでしょう。
例えば肝炎、エイズなどウイルス性の疾患を持った母体からの
プラセンタ成分は使用されないよう、注意が払われています。
プラセンタの副作用については、一般的には少ないと言われていますが、
しかし、そこは動物に由来する成分ですので
全くないとは言い切れません。
使用する医師にも、安全性と共にプラセンタの副作用について
説明の義務がありますので、きちんと医師の説明を受け、
納得した上で正しく使用しましょう。
健康食品やサプリメント、ドリンク等で摂取する場合、
高濃度のプラセンタになると体内の反応が過敏になり、
そういった症状が一時的に出る事もあります。
そのような場合は、 のむ分量や、回数を減らして上手に調節しましょう。
症状はだいたい10日前後で治まる事が殆どだとも言われています。
もし、プラセンタを摂取、または化粧品として使用した時、
過敏に反応し症状が出てしばらくしても症状が治まらない場合は、
専門の医師にご相談する事をお勧めします。
アレルギー体質の方は事前に医師とよく相談し、
このような症状が出た時はすぐに医療機関に相談しましょう。

プラセンタ注射 保険適用

プラセンタ注射も保険適用で受けられる

プラセンタ注射 保険適用
プラセンタ注射の治療を行う場合、保険適用になるものと
そうでないものがあります。
以下の疾患についてはプラセンタ注射の保険適用の対象になる場合があります。
・肝機能障害
・更年期障害
・乳汁分泌不全
治療を行う場合は専門の医師に相談し、
プラセンタ注射が保険適用の対象になるか確認しましょう。
肝機能障害の治療薬には、株式会社日本生物製剤で製造販売される
「ラエンネック」
更年期障害と、乳汁分泌不全の治療薬にはメルスモン製薬株式会社の
「メルスモン」
が使われています。
プラセンタ注射は、「慢性肝疾患による肝機能の改善」として1974年に、
「更年期障害と乳汁分泌不全の治療」として1956年に販売が開始されています。
そのほかの疾患については医療目的であっても
現段階では厚生労働省の認可が下りていないので、
同じプラセンタ注射でも保険適用の対象となりません。
プラセンタ注射をするときには注意が必要です。
保険適用のプラセンタ注射は専門の医院やクリニックでなければ
受けることはできません。
また、診療前に相談して保険適用が可能か、そうでないかお医師の判断になります。
診療前には必ず医師に相談しましょう。
プラセンタ注射は一般的には自由診療なので医療機関によって料金がまちまちです。
だいたいの相場は1回数千円から1万円前後(1回2~3アンペア)。
これが保険適用のプラセンタ注射となると
1回約数百円程度で受けられるようになります。
治療となると単発ではなく継続してプラセンタ注射を受ける必要があります。
そうなると、保険適用でプラセンタ注射が受けられるのは費用面でも、
安心して治療が受けられるのではないでしょうか。
今、肝機能障害や更年期障害などでお悩みの方は、お近くの専門医に
相談される事をお勧めします。
保険適用の範囲でプラセンタ注射が受けられるかもしれません。
保険適用でプラセンタ注射を受け、心と体の健康を取り戻してください。
体が元気になれば心が明るくなります。
心が明るくなれば、次第に体も元気になります。
プラセンタには、人が生きていくために必要な
ほぼすべての栄養素が備わっています。
これからプラセンタ注射で治療をお考えの方は、ラエンネックやメルスモンに
注射剤を限定することで、保険適応用での治療が可能になる場合がありますので、
少しでも費用の負担を軽減させるための方法を上手に探していきましょう。




サイト集メニュー

広告

プラセンタ

Copyright (C) プラセンタ All Rights Reserved.